2016年01月05日

SAF研究所製SSとモシンナガンとマルイソーコム

師走辺りから、仕事が猛烈に忙しくなったり
年末に訃報が三件届いたりで慌ただしく
してましたがようやく静かな日々になりました。
忙しいといいながらも、ゴソゴソしたいのは
相変わらずでボルトアクションを
2丁ばかり触ったりマルイソーコムを
電動ハイブリッドにしたりしてました。⬇︎

20年前に一世を風靡した??
SAF研究所製SS9を0➡︎1J化。
先輩の銃なので気合いを入れて直しました。

まずスプリングガイドストッパーを鉄から
リューターを駆使して削り出しで作製しました。
ガチガチの寸法ですがスプリングも短いので
抜き差しは軽々です♪

ピストンカップのオマケ3個の前にリングを挟み
スパイラルヘッドは活かしてます。
てか、どんだけ短ストローク化しなきゃ
ならないんでしょうか…

このロットまでのSAFが一番ストロークが長く
パワーが出し易かったような…
箱出しの時はオリジナルのバネを
7巻カットした時が一番パワーが出てました。
ピストンが前進しきる前にバレルから
弾が出ちゃうんであろう実例でした。
まあ、今更ネタですけど〜
(この個体は700gのピストンが入ってました 汗)

初速も0.2gで計測して10発平均で
95m/s±0.27以内と安定してます。
黒鉛が抜ければもっと安定しそうです。
貫通力もパワースケールで確認済で1J内です。
SAFのSSはシリンダーヘッドのジェット効果と
凄まじいまでのバネの反撥力で初速以上にJが
出てるみたいな説がありましたが都市伝説です。
銃口付近の弾の初速と20m先の初速の減速率が
他のセッティングに比べ小さいのは確認済みで
SAFのシリンダーヘッドでもエアロスはあります。
通常のシリンダーヘッドのロスと比べて
ロスが少ないだけですw

バレルは日本鋼管製の内径5.985㎜バレルで
使える弾がデジコンのSAF専用超研弾のみ!
更に供給困難な弾でしたのでSAFオリジナル
の内径6.03バレルに戻して、仰角1度の位置で
ストックに収まるよう整形しました。
仰角1度の理由はノンホップで20m先の狙点の
10mm下を弾が通るからでSAFのSSを預かった時は
必ずやる儀式です笑)

もう一丁は中華のモシンナガンカービンで
バラすのに専用工具?がなくレンチとかを使って



バラします。

バレルが曲がって挿入されているのを

真っ直ぐにしたり
(ノズルがOリングを齧ってます)

ノズルが曲がっているのを

真っ直ぐにしてΦノズル化してみました。
(パカ山さんパクリすみません)
あと、コッキング時に弾溢れが酷いので

チャンバーにドリルで窪みをつけました。
これで、コッキングの度に銃身を下に向けて
コッキングしなくて良くなりましたw
これでVSRと戦える?のかな…

マルイソーコムは古のMGCキャリコから外した
波動コア…もといタミヤのハイパワーギア箱を
つけました。夏に作ってはいたけどギア箱が
いろいろ痛んでたり、トリガーストロークを
短くしたのでギアストロークも見直しました。




ちなみに電動キャリコのアイデアは腕誌面に
波動エンジンの設計図並みに簡単なスケッチが
あったのを南部重工業嘘)が自主開発したものです。

老眼なのか、こういった事は肩がカチカチに
なりますね…歳取るとキツイです汗)

ギア箱は偽RAMに入っているのでチェストにも
この通り入ります。

これでソーコムは電動ガス銃となり
ブレなくプシュプシュ撃ちまくれます。

古い銃の事ばかり長々と書きました
最後までお付き合いありがとうございます。



  


Posted by トンネルラッツ  at 17:53Comments(0)カスタム

2014年02月23日

いやはや困りました…




ASCUのボルトストップ機能を

不意に入力してしまい

撃てなくなってしまいました。






普段は使わない2Pカプラーを

短絡させると撃ち続けれるんですが

どうすれば、ボルトストップ機能を

OFFできるんでしょうか?

どなたか詳しい方いらしたら

教えてくださいまし。



最初の写メはCADですが

遂に来たって感じの

アプサラス ×

もといロータリーギア ○ です。

(勝手に命名)
  


Posted by トンネルラッツ  at 21:03Comments(0)カスタム

2014年02月11日

バトンピストン組み込み事情

バトンピストンの組み込み経過報告です。

所詮、一個人の組み込みなので

チラシの裏書き程度に認識して

読んでいただければ幸いです。



バトンピストン組み込み続報

約30000発時点で点検の為

メカボを開けついでにOHしました。

ブラシ焼けとシリンダーグリス汚れ

ピストンリリース歯にギアが

乗っかった痕あったので

ピストン後端をリューターで

ノーマル形状同様にカット。

肝心の弾の飛距離を伸ばしたく

セクターチップを作り直し中です…




セクターチップは2ミリ?厚のアルミ板を

重ねてネジで固定して穴を開けてから

リューターで削り出してます。

固定してるネジバラすと

セクターチップか2個出来上がりです。

次回OH時に組み込みます。

しかし、DSGは ハイサイセッティングに

使うとホント沼です泣)



モーターはブラシ交換して

慣らしして再使用中。

リポ7.4v40cを使い

中華初速サイクル計で秒間33発

OH後、約36000発撃ってます。


意外とイケるぞ バトンピストン!!



  


Posted by トンネルラッツ  at 16:29Comments(2)カスタム

2013年12月31日

バトンピストン いろいろな意見あるみたいですが、使えるの?使えないの?どっち





え〜 表題のとおり?

今巷で話題のバトンピストンの

耐久テスト?を始めました^_^

基本的に素人が

たった一つ二つの個体で組み込み

テスト・使用するので所詮

独り言やチラシの裏書き程度と

認識してやんわりと読んで

いただけたらよろしいかと思います。



さて、さて

ネットでは悪評しか聞かないこの子

何が悪くて、何が良いのか、

自分も試してみたくて

友人が通販するついでに

自分も買ってもらいました。



んで、組み込む前の儀式?

フルティースの接着です。

いつも思うんですが

製造段階でフルティースを

しっかりと接着してもらえると

嬉しいのですが…

日本製を売りにするなら

やっぱりポン付けが基本かと

思いますけど、いかがでしょう^ ^



話しが逸れましたが

PDI製のスプリングを

バトンピストンに入れると

ピストンの奥のほうでスプリングが

当たっているのか、すんなり

奥迄入りません。

うーん…設計段階で

キツメの数値を指定してるのかな

自分の個体はピストン前方上部分が

少しひけているので

その分、ピストン内径が

小さいのではないかと…

原料の絡みもあるでしょうが、

横型成形機?!の

バレルスピードをもう少し

落とせば、ヒケもなくなり

要求精度が出せそうなのに

非常にもったいないです。

今回は、DSGを使うので

これ幸いにマルイ純正ローダーの

口をレジンで固定してスペーサーに

しちゃったんで問題クリア?

しましたが、ピストンレール内の

エア抜きも含めて製造側と

今一度見直すと、

中華ナンボのもんやみたいな

良いピストンになるような

予感がします。

あと、購買者としては

Amazonにて復活して頂きたいですぅ




…ここまで独り言言いましたが

今現在迄、自分の組み込みミスなど

トラブルがありましたが、

DSGとバトンピストンを使用

EG1000を7.4V40Cでドライブし

6000発連続発射+4000発

計一万発(秒間26発)で無問題です。



意外とイケるぞ!

バトンピストン〜 (独り言)


























  » 続きを読む


Posted by トンネルラッツ  at 00:37Comments(2)カスタム

2013年07月27日

マルイメカボで トレポンを超えろ★





上寄りの箱がASCU

黒い箱がキメラマーク2

残る箱がGATEです。

ピストンコントロールユニットも
いろいろ出てきましたが、
取り付け法やコントロール法に
一長一短ありそうですね。

先日、蝶歯+ASCUのを撃たせて
いただいたところ…


トレポンがのんびりに感じました泣)


単純にストローク倍ですしね〜
実銃を撃った事のある人なら既知でしょうが
ハンマーブロックがプライマリーを
叩く感じを再現しているトレポンは
そもそも競うステージが違うって事?
なんでしょうか。
レスポンスだけは、ガスに敵わないと
思ってた電動も行き着くとこまで
来た感があります。

中国の某パーツメーカーが
3コック/回転のセクターギアを
開発中とか聞きましたが
どんだけ強いスプリングで
どんだけのピストンスピードなのか
変なとこに興味が湧いてます。
  


Posted by トンネルラッツ  at 18:14Comments(5)カスタム

2013年04月20日

EG1000 を使ってハイサイにする























安心 低コストのEG1000か
メーカーカスタムのEG3000か?



ども(*^^*)トンネルラッツです。

ハイサイの銃って、サバゲで
かなり有利ですよね。
私はマルイのメカボを活かしつつ
効率の良いパーツを選んで
純正ハイサイに近い銃に
仕上げてるのですが、
EG1000モーターだと
立ち上がりは良いのですが
回転数はどうしても
見劣りします。
対するEG30000も良いのですが
トルクが無いように感じるのと
(立ち上がりが遅い)
値段が高い;^_^Aのが
残念なんです。
G&P製も良いのですが
ピニオンやモータータワー径の
問題でEG1000を選んでます。



今回 散々使い倒し
10万発は撃ってるEG1000を
オーバーホールついでに
ちょっぴり小細工して
回転数を稼ぎ
EG30000に近づけて
やろうと思います。


まず、ピニオンを抜いて
モータータワーを外し
モーター再慣らしをします。
慣らし電圧は2.5Vにしました。

写メを取り忘れてしまい
慌てて途中で撮ったのが
二枚目の写メです。

最初は2.5Vで4.2Aだったのに
数分で数値が変化しています。
ちなみに新品のEG30000は
2.5Vで回すと2A位です。
10分程で、2.6V 3A位まで
数値が変化しました。
この間、慣らし機の電圧の
ボリュームは変えていませんので
再慣らしにより通電効率が
良くなったみたいです?
コミュテーターも
筋だらけだったのが、
かなり綺麗になりました。


本当はコミュテーターを
研磨すれば最高に良いのですが
EG1000はピニオン周りや
ブラシ周り以外の
分解はできないので、
ブラシとブラシスプリングに
小細工をします^_−☆


まず、三枚目の写メみたいに
溝を入れブラシの当たり面積を
減らし回転数を稼ぎます。


次に、ブラシスプリングは
テンションを下げるべく
ペンチで曲げます。
スプリングテンションを
下げ過ぎないように
注意しました。
下げ過ぎると回転ムラとか
いろいろ不具合でますので…

ブラシとスプリングを組付けたら
もう一度、再慣らしをします
出来た!^_−☆


EG30000越えは無理でしたが、
EG1000の立ちの良さを残しつつ
回転数を稼ぎ出しました。
慣らし機の数値も2.5V固定で
2.66V 2.5A位まで変化しました。


実際にモーターを銃に
組付けて試射すると

慣らし前 秒間16発が
慣らし後 秒間23発まで
上がりました。


同じ銃にEG30000を
組付けると26発なのですが
立ち上がりが遅いので
私はコストパフォーマンスで
EG1000を選びます。
今回はヘタレモーターだっただけに
劇的に発射サイクルが
良くなりましたが
次に新品EG1000を手にいれたら
もう一度同じ小細工をして
効果を確認したいと思います。





















  » 続きを読む


Posted by トンネルラッツ  at 18:26Comments(0)カスタム