2018年03月12日

NAM☆ NAM holding time.MP5 survival game B’sugar collection

こんにちは、トンネルDラッツ2号です。

仕事が多忙でストレスが溜まってしょうがないので
空いた時間は銃を触ったりしてました。


写真は買って20年選手になるマルイMP5です。
1丁はラジコン用のレギュレーターを使って
銃のバッテリーでトレーサーを光らせてました。
上のは17年程前mx1を搭載して夜戦用にしたモノ。
それまでは、夜戦は複眼ナイトビジョンを
走れるという理由だけで推奨してましたが
14とmx1…
ナイトビジョンとサーマルビジョンを手に入れ
夜戦をしたら世界が変わりました笑笑
以来、相手がナイトビジョンを使っている時の
定番装備でした。


単眼ビノキュラーであるmx1をマウントする為に
カメラの三脚から外した特殊ネジをMP5用
マウントに取り付けてました。

リューターでネジの下側にプラスの溝を入れ
マウントに取り付けれるよう穴を掘って
ガタなく取り付けれるようにしてました。
今だと目が見えないから出来ないだろうなぁ〜泣)
(mx1も手放したし)


で、MP5を掘り出すことになった要因がこの人達!
誘われて土曜日とか有料フィールドに行く訳です。
おかげ様でー↓


普段着以外使う事がないSITKAを着たり


同じく黒フリースを着たり出来ました!

…で、MP5は有料フィールドでの筋肉痛対策の
軽い銃って事で引っ張り出してきたのです。
そしてパチパチでなくブォーってセミ撃ち
できるよう四苦八苦してます!
プリコックもいいけど、適正電圧追求カスタムで
どこまでセミ連射できるかな…

電磁ブレーキはモーターにも電池にも
悪影響がある説を唱えながらカスタムしてます!


【閑話休題】

先日NAM☆NAM2018をいつ開催するか決めるべく
黒砂糖家にお邪魔して話しをしました…

話しをしていると
コレクションに目移りしてしまいます笑笑


NAMの洋書に使用例が出てる海兵隊のベストです!

背面を見ると海兵隊用としての開発とわかります。
NAM戦後も80年代初頭まで開発が続きテストが
されますが制式採用とならなかった
不運なベストです。

多分高価過ぎたんでしょうね…



朝鮮〜ベトナムまでの隙間アイテムのQMC装備。
56装備のおじいさんですね。



SEALオペレーター着用のダックハントパターン?
ブロックパターン??



↑ SEALはブロックパターンなんか着る筈が無い!
って人の為のドキュメント。

トンネルラッツもですが、ワンオフモノや
信憑性に欠けるアイテムはなるべく
ドキュメントを書いてもらってます。





こちらは、スカッツさん著の本です。
人気の本ですね!(仲間内だけ?)



各仕様20着?しか作らなかった高地用リーフとか
ストーナーが紹介されてます。

因みにこちらの本で紹介されている
コレクションは既に全て手放しているようです。

そして、以下がその一部になります。



まずは、ユーティリティ!

このユーティリティを見ていて…
アホカリにアメリカ人を連れて行った時に
ユーティリティの着こなし方は難しいね…
と意味深な事を言われたのを思い出しました。
よーく見たら?なるほど、盲点がありましたです!



ドックタグの印字は普通でした。



ファティーグとか!

このページの雲パターンやPRU黒パジャマも
ありましたが写真撮り忘れました笑笑

雲パターンはタイガーと同じくらいか以上に希少で
真贋の見極めが最も難しい被服のひとつです。

同じくこのページの最初期生産のSEALベストは
フランスにあるとの事です。




↑ これは、スカッツさんからのコレクションでは
ありませんが少し紹介を…

胸に配置してあるSMGポーチの用途ですが
マガジン類でなく信号弾を入れていたそうです。
こんなに?と思いますが必要にして充分な
装備となるとこうなったんでしょうね。
再現される方は容れ物にご注意を!






NAM☆NAMの開催時期ですが、
トンネルラッツが開催適正月である?真夏でない
5月6月9月10月に土日両日休める日が少ない為
規模を縮小しての開催か開催時期をずらすか、
はたまた未開催か悩んでいます。
トンネルラッツもアラフィフなんで
遊べる時に遊びたいのではありますが…


開催を楽しみにしている方には心苦しい吐露と
なりますが、なるべく良い報告ができるよう
善処していきますのでよろしくお願いします。
















Posted by トンネルラッツ  at 12:44 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。